忍者ブログ

Life goes on V6ファンブログ

なんかしたくって いつも熱くって ぼくらはいつも裸足で駆けてく
08«  2017/09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »10
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

軍師官兵衛 第3話「命の使い道」

【注意】
  • この記事を書いているはみこ(@hami_440Hz)は歴史に詳しくありません。中学校で習うレベルのさらっとした知識と若干のプラスアルファがある程度です。
  • いままでに最後まで通して観た大河ドラマは2010年の龍馬伝のみです。江と平清盛は1話だけ見て挫折しています。というわけで大河ドラマ初心者で、なにも分かってないのと一緒!
  • 予備知識を付けるために見た番組は、ザ・プロファイラーの黒田官兵衛の回のみ。知識ペラペラです。
とりあえず上記3点を踏まえながらお読みいただければ幸いです。
これまでの登場人物についてのまとめはこちら

3話覚え書き

婚礼の儀式を行っていた浦上家に赤松家の軍勢が攻め入る。政略結婚のために浦上家にいたおたつは物置に逃げ込むが、周囲の人間が徐々に倒され、ついに物置の扉を開けられてしまう。赤松の浦上攻めを伝え聞いた官兵衛は馬を走らせ夜道を急ぐ。しかし、官兵衛が浦上の城についたときにはすでに赤松が撤退したあとであった。母里武兵衛が止めるのを振り切り、浦上の城に乗り込む官兵衛。中では切りつけられ血まみれになっている浦上勢。官兵衛と武兵衛はあまりの惨状に言葉を失うものの、おたつの名を呼び城内を探す。2人はついに物置の中でおたつを見つける。すでに切りつけられた後であったが、官兵衛の呼びかけにおたつは少し反応をする。しかし、そのすぐ後に官兵衛の腕の中でおたつは息を引き取る。

あまりの悲劇に冷静さを失った官兵衛は、御着城での小寺の会議で赤松攻めを提案するが、赤松との全面衝突に対し家臣の面々は消極的であり、また政職がはっきりしないため、結論は持ち越される。同じ近習である左京進に、実の姉が死んだのではなくて良かった、と言われ思わず激昂した官兵衛は左京進に掴みかかる。

一方、美濃攻めに苦戦していた織田信長は、竹中半兵衛が美濃の斎藤龍興に対し謀反を起こし、稲葉山城を占拠したという知らせを聞く。信長は使いを出し、美濃を半分渡す代わりに稲葉山城を明け渡すように交渉させる。半兵衛は酒色に溺れた龍興を諌めるためにこの行動を起こしていたので、結果としてすぐに城を龍興に返す。

官兵衛はおたつの死から立ち直れずにいた。孫子の教えと共に諭す職隆だが、それでも落ち込んだままの官兵衛。祖父である重隆は命を顧みず仇討をしたいという官兵衛に、おたつが嫁入りを受け入れた直後に言っていた言葉を伝えるとともに、命を無駄にしてはいけないと一喝する。

堺に鉄砲を仕入れにいくことになった官兵衛は武兵衛と善助とともに旅に出る。途中に饅頭屋になりすましたおいはぎに遭遇するが、偶然あった牢人・荒木村重に助けてもらう。彼は世情をうかがいながら放浪している身であり、堺まで官兵衛一行とともに旅をすることとなる。

商人の町である堺は、乱世にも関わらずとても賑やかな町であった。豪商の自宅で鉄砲の商談を行う。金さえはらっていただければ誰でもお客様という商人から、藤吉郎が話していた言葉を聞く。世が乱れるほど、堺という町は賑わう。その事実に気付いた官兵衛は堺の町をさまよう。そこで、南蛮人の宣教師が説教を行っている教会にたどりつく。その言葉を聞いた官兵衛は1人静かに涙を流した。



萌えポイント

序盤の乗り込んでくる官兵衛さんは大変悲しんでいるシーンなのですが、とても美しかったです。悲しみを表現することがとても上手になってきた、というか、迫ってくる感じがします。特に、武兵衛を振りほどくところとか、おたつの顔に手を添えて泣くところとか。永遠の0のときも思いましたが、とてもいいと思いました。

家臣団の愛情表現その1
悲しみに暮れる官兵衛の気を引くために、釣りをしている間に武兵衛と善助が一生懸命大きな声で喋るシーン、とてもかわいかった!愛されてる若でございます。かわいい。すごくかわいい。横目でチラチラしながら、すごく一生懸命しゃべるんですよ。もうね!家臣団の愛情がたまらんです。
家臣団の愛情表現その2
旅の道中で饅頭屋に会ったときの家臣団もとてもかわいかった。荷物俺にも持たせろって言う善助にだめっ!っていう兄ちゃん・武兵衛のいい合いをなだめた官兵衛が2人に饅頭を与えるんだけど、お金持ってるのは武兵衛なわけです。官兵衛に続いて支払いよろしくっていう善助のいいかたの可愛さったらもうね!かわいい!!

官兵衛は基本的にいい奴なんだけど、やっぱどっかおぼっちゃんなんだな
で、そこを諌めるしっかりものの兄ちゃん・武兵衛と、おもしろそうなことには乗っかっちゃう善助のお調子者な感じ。大変いいバランスだと思います。この先も気になる!

拍手[0回]

PR

Comment

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

書いてる人

HN:
はみこ(@hami_440Hz)
年齢:
25
性別:
女性
誕生日:
1991/12/27
職業:
4月から社会人のろしどれ
趣味:
TwitterとブログとV6を通して考えるアイドル論
自己紹介:
このブログは「V6デビュー20周年に向けて今から世の中のみなさんの外堀を埋めるべく、V6の素敵なところを褒めまくって、向上して欲しいところもちょっと書く、地味系ファンブログ」です。

書いている人は基本的にはTwitterでぐだぐだしているへっぽこ大学生。無事に卒業できれば4月から社会人になることができそうです。V6が好きです。特に長野くんは敬愛しています。
V6 Next Generationからトニセンを知り、オレじゃなきゃキミじゃなきゃで長野くんのほんわかスマイルに惚れこみ、ViBESからV6愛に目覚めました。
2014年の目標はV6の20周年に向けて、精一杯盛り上げていくことです。

Twitterはこちら フォローミー!
https://twitter.com/hami_440Hz
since 2008.12.14~forever

訪問者総計

いらっしゃいませ

Twitter

ask.fm

投稿状況

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新CM

[03/16 はみこ]
[03/02 みっちゃん]
[02/25 しょこ]
[02/25 しょこ]
[02/25 しょこ]

バーコード

最新TB

ブログ内検索

アクセス解析

カテゴリー

アーカイブ

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- Life goes on V6ファンブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]