忍者ブログ

Life goes on V6ファンブログ

なんかしたくって いつも熱くって ぼくらはいつも裸足で駆けてく
09«  2017/10  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »11
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

軍師官兵衛 第8話「秀吉という男」


御着での評定でなんとか主君 政職(まさもと)に織田方につくことを決心させた官兵衛は、荒木村重のつてで織田信長に謁見することに。曖昧なことを言うと機嫌悪くするから気をつけろ、と周りから散々言われつつ、緊張しながらの謁見。
主君 政職をはじめとする小寺が織田方につくということ、中国地方に陣取る毛利勢が信長の天下布武の妨げに必ずなるであろうこと、そして毛利攻めをする上で自分のいる播磨が要所となるであろうことを信長に伝える官兵衛。信長の家臣である柴田勝家や丹羽長秀、明智光秀は、新参である官兵衛の意見に難色を示す。信長は何も答えない。官兵衛は地図を持ち出し、現在毛利方についている大名の領地と、様子見でついているだけであるそれらの大名を必ず自分が説得することを宣言する。信長は何も口にしないまま、そばに置いてあった刀を手に取り、官兵衛のすぐ近くに来て、刀を少しだけ抜いた。もはやこれまで、と御前の家臣団が息を飲んだその瞬間、信長は刀を鞘に収め、官兵衛に与えた。そこに秀吉が遅れてやってくる。秀吉は播磨が中国攻めの要所となること、そこに領地を持つ姫路の黒田家が味方になることは心強いと言う。信長は、毛利攻めの大将として秀吉を指名し、自分も官兵衛と同じことを考えており、大変面白かったと告げる。

なかなか帰ってこない官兵衛を心配していた黒田家臣団の善助、太兵衛、九郎右衛門の3人の元に、喜んで官兵衛が戻る。直後、秀吉に声をかけられ、城下を巡ることに。噂に聞いていた以上の盛り上がりを見せる岐阜の城下に官兵衛と家臣団は驚きを隠せない。秀吉は信長の古い家臣である柴田勝家や丹羽長秀が官兵衛を織田方に引き入れるための妨げにならないよう、わざと遅れてきたことを官兵衛に話す。また、信長から官兵衛が授かった刀が「圧切」(へしきり)という名刀であることも話す。すっかり官兵衛を気に入った秀吉は自らの領地に一行を招く。妻であるおねや家臣の石田三成に引き合わせる。

その頃、播磨の御着城では、織田方につくことを宣言したのにも関わらず、政職が迷いをみせていた。毛利派である櫛橋左京進などもおり、織田派の官兵衛がいないうちに揺さぶりをかけていたようである。その様子に気がついた職隆(もとたか)は、姫路に戻り光(てる)にあることを頼む。

光は政職の妻であるお紺に会い、織田方を裏切ったものは女子供関係なく殺されること、政職の心変わりを諌めて欲しいことを告げる。お紺はそれを承諾し、政職は改めて織田方につくことを決める。

しかし、小寺が織田方についた知らせを聞いた毛利方は、思案を始める。




今回の萌えポイント。

信長の前で話してたときは、ものすごーくきりっとしていた官兵衛さん。一歩間違えたら嫌われて殺されるかもしれないというギリギリの場面をなんとか切り抜けた後、家臣団の元に戻ったときの顔!!!「うまくいったぞ!!」ってときの顔、本当に嬉しそうでですね!いい顔するなぁ、と思いました。

姫路での一幕も素敵でした。光姫。剣術の稽古をする松寿丸と又兵衛。へっぽこの松寿丸に、弱い相手とやったんじゃ上達しないじゃん!とのたまう又兵衛。分かったわよ、とばかりにうなずき、なぎなたを用意して戻る光姫。どこからでもかかってきなさい、と構える時点でもうかっこいい。そして、おなごとは戦えないという又兵衛にいいからやれって言って打ち負かしちゃう光姫。戦だったら死んでましたよ、とクールに決める光姫。きゃーイケメン!笑
まさに、「それサバンナでも同じこと言えんの?」を体現する強い姫です。
そして、それを義父である職隆に見られてて、褒められて恥ずかしがるところまでセットで大変可愛らしゅうございました。

最後に秀吉と官兵衛さんが食べてたのはムカデなんでしょうか。苦いって言って笑ってるところもまたよかったです。

さて、次回が楽しみですね。

拍手[0回]

PR

Comment

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

書いてる人

HN:
はみこ(@hami_440Hz)
年齢:
25
性別:
女性
誕生日:
1991/12/27
職業:
4月から社会人のろしどれ
趣味:
TwitterとブログとV6を通して考えるアイドル論
自己紹介:
このブログは「V6デビュー20周年に向けて今から世の中のみなさんの外堀を埋めるべく、V6の素敵なところを褒めまくって、向上して欲しいところもちょっと書く、地味系ファンブログ」です。

書いている人は基本的にはTwitterでぐだぐだしているへっぽこ大学生。無事に卒業できれば4月から社会人になることができそうです。V6が好きです。特に長野くんは敬愛しています。
V6 Next Generationからトニセンを知り、オレじゃなきゃキミじゃなきゃで長野くんのほんわかスマイルに惚れこみ、ViBESからV6愛に目覚めました。
2014年の目標はV6の20周年に向けて、精一杯盛り上げていくことです。

Twitterはこちら フォローミー!
https://twitter.com/hami_440Hz
since 2008.12.14~forever

訪問者総計

いらっしゃいませ

Twitter

ask.fm

投稿状況

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[03/16 はみこ]
[03/02 みっちゃん]
[02/25 しょこ]
[02/25 しょこ]
[02/25 しょこ]

バーコード

最新TB

ブログ内検索

アクセス解析

カテゴリー

アーカイブ

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- Life goes on V6ファンブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]